04
9
21
22
30
   

高性能版Xbox One「Project Scorpio」はDirectX 12をハードウェアに統合

とうとうこの日が来ましたぁぁ!!
「Project Scorpio」の詳細が明らかに!!!!!

ハードマニアでないといまいち分からない内容も多々ありますが抜粋。

・System-on-a-ChipはTSMCの16nm FinFETプロセス技術採用
 ダイサイズは360mm2
 トランジスタ数は70億個

・CPUコアアーキテクチャは進化版「Jaguar」となる「Jaguar Evolved」

・総CPUコア数8基、総L2キャッシュ容量4MB
 これはXbox Oneと変わらないですが動作クロックは2.3GHzに到達するようです。

GPUコア側の「Command Processor」へDirectX 12をハードウェアレベルで統合させDraw Callの数を低減しCPU側のレンダリング負荷を半分に!!

・GPUコアは「Polaris」マクロアーキテクチャに基づいて40基の演算ユニットを統合

「Graphics Core Next」(以下GCN)アーキテクチャではCompute Unitあたり64基のシェーダプロセッサを統合するので総シェーダプロセッサ数は2560基!!
 Xbox Oneは同12基,768基を圧倒し,PS4 Proの同36基,2304基をも上回る数です!!

・PS4 Proと大きく異なるのは動作クロックで,PS4 ProのGPUコアクロックが911MHz,Project Scorpioは1172MHzなので、約1.29倍に達しています!!


・GCNでは1クロックで2つの積和算を行えるので「2560×2×1172」という計算式から予告どおりの理論演算性能値6 TFLOPSを実現するということになります。

・メモリコントローラは待望のGDDR5対応! 384bitインタフェースで6.8GHz相当のメモリチップ計12枚と組み合わせることにより帯域幅は約326GB/s,総メモリ容量は12GBを実現!!

・容量32MBのeSRAMと容量8GBのDDR3メモリを組み合わせていたXbox Oneだとゲームで使えるメインメモリ容量は5GBですが,Project Scorpioだとゲームはより高速なメインメモリを8GB使えるようになるのです!!

・クーラーは「Vapor Chamber」を採用で『GeForce GTX 1080』や『GeForce GTX 1080 Ti』が採用するクーラーと非常に近い実装です!!

・オンダイのサウンド処理用シリコンは基本的にXbox One用と同じものながら,新たに「Dolby Atmos」と「Dolby Atmos for Headphone」に対応!!

Forza Motorsport 6」のデモによると,Project Scorpioは同タイトルを3840×2160ドットの60fpsで描画可能で,しかもこの時GPUの負荷状況は66%強にしか達しないそうです!!
Project Scorpioでは,ゲームの解像度が4Kに達し,かつ4K用のテクスチャなどを採用することで見栄えが大幅に向上する一方,プレイフィールは1080pや900pで動くXbox OneやXbox One Sと変わらないのです!!

チョーーヤバイ!
まさにバケモノゲームハードの登場ですよ!!
来年には世界中で売れまくってゲームハードトップの座にいるのが見えます!!
日本では・・・・ うーむ、よく見えないw
http://www.4gamer.net/games/990/G999025/20170406114/



theme : Xbox One
genre : ゲーム

プロフィール

ジュウザ

管理人:ジュウザ
プレイのメインはスマホゲーになっちゃいました。
サブでXbox One、Wii U。
激サブがXbox 360、3DS。
ドリキャス、PS2は押し入れにw
リンクフリーです!

動画を見るならdTV

スポンサー



ハッピーメールバナー









Xbox One 関係

カテゴリ

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
343位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マイクロソフト(xbox360)
8位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

Amazon ビデオ

Wii U 関係

PC周辺機器

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR