04
9
21
22
29
30
   

「Pokemon GO」めぐり米男性が任天堂ら提訴

ポケモン狩りのせいで、「Pokemon GO」のクリエーターらが法廷に連れ出される羽目になりそうです。
まあ私の予想通り、訴訟好きのアメリカ人ですから絶対にこのゲームは遊び方によっては周りに迷惑かけるのが分かりきってるので当然の事でしょう。
アメリカ訴訟好きは、これからもどんどん出てくると思いますよ。
スマホ画面だけ見ながらうろちょろする人って確実に自己虫の迷惑な存在でしかないですからね。
迷惑かけずに遊ぶのは何の問題もないですが、このゲーム内容からして無理でしょ!

ニュージャージー州の男性が米国時間7月29日、Niantic Labsと任天堂を相手取り、カリフォルニア州連邦地方裁判所に提訴しました。
この男性は、Pokemon GOで架空の小さなモンスター探しに夢中になっているプレーヤーたちが男性の自宅や裏庭に誘導され、迷惑していると主張しています。
集団訴訟を求めるこの訴えは、Pokemon GOのGPS座標によって、人気のポケストップやジムがその土地の所有者に無断で敷地内、あるいは隣接する場所に配置されているとしています。

原告であるJeffrey Marderさんの訴状には、「少なくとも5人が原告の自宅玄関をノックしてきて、原告の自宅裏庭にポケモンがいると告げられた。そして、ポケモンを『捕まえる』ために原告の自宅裏庭に入らせてほしいと要求された」と記されています。
「被告側は、敷地の所有者に許可を求めることなく、現実世界にバーチャルなポケモンを生息させた結果、予測し得る状況について著しく無関心だった」(同訴状)

まさにその通り!
作り手は金さえ儲かれば国民が迷惑しようがどーでもいいという、これまた自己虫開発者だったに違いないでしょう。
こういうゲームを開発すればどう世間に迷惑がかかるかなんて普通の頭してたら分かりますからね。
私も出勤時とか、目の前から平気でスマホだけ見て突っ込んでくるリーマンや学生に嫌気がさしてる日々です。

Pokemon GOは誰にでも人気があるわけではないのです。
特に自分の所有地に侵入するプレーヤーに不満を抱く人々にとっては評判が悪いです。

南カリフォルニアのある警察署は、「911」をダイヤルして警察署内にモンスターがいるかどうかを聞くのは止めるようとプレーヤーたちに訴えています。
つーか警察にそんな事聞くなんて自己虫にもほどがある!
そんな奴は実刑でいい。

Nianticの担当者は、コメントの要求に対してすぐには回答しなかったが、同社のPokemon GOに関するガイドラインでは、プレーヤーに対して「立ちいってはいけない場所や、許可無く立ち入れない場所や建物には、決して入らないでください」と求めています。
いやいや、そんな事書いても、守る訳ないのは明白なので、単なる訴訟になった時の言い訳のためのガイドラインでしかありません。
任天堂にもコメントを求めましたが、回答は得られていないとの事です。

人に迷惑かけると分かってるゲームをよくまあ開発したものだと思いますよ。
私もゲーム会社2社で働いてましたが、この企画が出たら儲かるのが保証されてようが絶対に反対しますね。
注目されているPokemon GOですが、既に死人も出てますし、今回の提訴。
まだまだ世間を騒がすのは間違いないと思います。

平和に誰にも迷惑かけずに楽しく遊べるパズドラやモンストの方を私はお勧めしますね。
あ、けっしてパズドラやモンストゲームしながら歩くのはやめましょう。
単なる周りに迷惑かけるだけですから。

theme : スマートフォンゲーム
genre : ゲーム

プロフィール

ジュウザ

管理人:ジュウザ
プレイのメインはスマホゲーになっちゃいました。
サブでXbox One、Wii U。
激サブがXbox 360、3DS。
ドリキャス、PS2は押し入れにw
リンクフリーです!

動画を見るならdTV

スポンサー



ハッピーメールバナー









Xbox One 関係

カテゴリ

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
343位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マイクロソフト(xbox360)
8位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

Amazon ビデオ

Wii U 関係

PC周辺機器

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR