10
8
11
14
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

MicrosoftのXbox戦略上,極めて大きな一手となる「Xbox Play Anywhere」

MicrosoftのXbox戦略上,極めて大きな一手となる「Xbox Play Anywhere」
今回ある意味で非常に重要な発表だったのが「Xbox Play Anywhere」というロゴプログラムの開始についてです。

Xbox Play Anywhereとは「Xbox OneとWindows 10の両プラットフォームに向けてリリースされるタイトルのうち,そのロゴのついたものは,Xbox OneでもWindows 10でもダウンロード版をプレイできるようになる」というものなのです!!
Xbox E3 2016 BriefingでMicrosoftは「ダウンロード購入すると」という表現を使っており,「ダウンロード購入した場合に限り」とは言っていません。
なのでパッケージ版を購入した場合に対象となる可能性はゼロではないですね。

Xbox E3 2016 Briefingでは具体的な話もありました。
Gears of War 4」「Forza Horizon 3」「Scalebound」「ReCore」「Sea of Thieves」「Halo Wars 2」の6タイトルが,Xbox OneとWindows 10専用で,いずれもXbox Play Anywhereプログラム対応なのです!!

MicrosoftのXboxファーストパーティと言えるMicrosoft Studiosが手がけるタイトルは今後,ほぼすべてに近いレベルで,Xbox Play Anywhereへ対応してくるでしょう。

これは実のところ,とても大きな意味を持つ戦略転換だと言えます。
Xbox Play Anywhereロゴ付きのタイトルを購入するとXbox OneOne版とWindows 10版が入手できるということは,「Xbox OneとWindows 10は,完全に同列の『Microsoftのゲームプラットフォーム』と見なします」とMicrosoftが宣言したことに等しいのです!
これまでの家庭用ゲーム機の世界において,ゲーム機の商業的な存在価値を維持するためには,「当該ゲーム機用のタイトルは,そのゲーム機でしか遊べないものとして“囲う”」ことが絶対条件とされてきました。
ユーザーに「あのゲームをプレイしたいからこのゲーム機を買う!」という動機を与えるためにです。

最終的に多くのプラットフォームで販売されるようになるタイトルでも,最初の数か月は特定のプラットフォームでしか販売されないとか,DLCは特定のプラットフォームで先行するとか,あの手この手の囲い込み戦略が繰り広げられてきことは,ゲーマーなら多くの人が知ってますね。
しかしXbox Play Anywhereプログラムに参加するXbox One用タイトルは,Windows 10用が間違いなくリリースされるのです。
つまり,Windows 10ベースのゲームPCを持っているなら,その人は,Xbox OneタイトルをプレイするためにわざわざXbox Oneを買う必要がなくなることになります。
言い換えると,PCゲーマーにとって,Xbox One本体を購入する必要性はほとんどなくなってしまうのです。

今後Microsoftは,Xboxという据え置き型ゲーム機を,「独自のゲームプラットフォーム」ではなく,「ゲームというサービスを提供するための,商材の1つ」として扱うようになるでしょう。
そしてそのとき,Xbox OneとWindows 10ベースのゲームPCを,完全に等価な「ゲームというサービスの提供対象」として扱っていくのです。
Xbox Play Anywhereプログラムは,そんな大胆な新戦略の第一歩なのです。

Xbox E3 2016 Briefingでは,この「Coming to Xbox One and Windows 10」(Xbox OneとWindows 10にやってくる)という表示が,ファーストパーティ製タイトルだけでなく,サードパーティ製タイトルの紹介映像にまで,何度も何度も繰り返し出てきました。

2016年6月15日付けのゲームソフト週間販売ランキングだとXbox Oneは週間で46台しか売れていません。
マ ジ カ ?

日本におけるXboxは,かなり危機的な状況にあるのです。
「ゲームソフト週間販売ランキング」でも,Xbox Oneの週販は1週間あたり数十台というペースとある意味奇跡ですw
一都道府県あたり,週に2台も売れていないという、マジかい!って状況なのです!

しかぁ~し,Xbox One向けタイトルを日本でもプレイできる機会は,Xbox Play Anywhereがある限り,なくなることはないのですよ!!
むしろ今後,日本マイクロソフトは,国内で圧倒的なシェアを持つWindowsに注力して,PCゲームを強く訴求する戦略に切り換えてくる可能性もあります。
「日本でXbox Oneのゲームをプレイしたい人」にとって,Xbox Play Anywhereこそ歓迎すべき施策だと思いませんか?

一気にユーザー数が増えて、とんでもない数になるのは明白です。
ネット対戦なんか過疎りすぎてじゃなく人が多すぎて参加できないなんて事も起こるでしょう。
後はネット対戦を無料にすれば、Xbox Play Anywhereとの相乗効果で一気にゲーム業界の政略図は塗り替わるでしょうね。
マイクロソフトがそれをすればまさに天下獲ったり!なんですが・・・

theme : Xbox One
genre : ゲーム

プロフィール

ジュウザ

管理人:ジュウザ
プレイのメインはスマホゲーになっちゃいました。
サブでXbox One、Wii U。
激サブがXbox 360、3DS。
ドリキャス、PS2は押し入れにw
リンクフリーです!

動画を見るならdTV Hulu

スポンサー









Xbox One 関係





カテゴリ

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
535位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マイクロソフト(xbox360)
10位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング



X360全般・攻略ブログ

blogramで人気ブログを分析

ブログランキング

ブログ王


Amazon ビデオ

PC周辺機器

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR