06
2
6
20
29
30
   

ハイエンドXbox One「Project Scorpio」が2017年の年末商戦に発売!

Microsoftは「Xbox E3 2016 Briefing」で,4K/60fps表示に対応し,高品位なVR(Virtual Reality,仮想現実)ゲームも可能にするというハイエンド版Xbox One「Project Scorpio」(開発コードネーム)を発表しましたぁぁ!!

統合するGPUコアの理論演算性能値が6 TFLOPSに達するという“モンスター”は,2017年の年末商戦に,現行Xbox Oneとの100%互換で発売予定となってます。

現行Xbox Oneと100%互換
現行Xbox Oneと100%互換
現行Xbox Oneと100%互換
現行Xbox Oneと100%互換
現行Xbox Oneと100%互換

大事なんで5回書きましたw

6 TFLOPSというのはどのくらいの性能なのか?
Radeon RX 400シリーズとして6月29日以降に発売予定となっているAMDの次世代GPUマクロアーキテクチャ「Polaris」(ポラリス)だと,理論演算性能値としての単精度浮動小数点演算性能はAMDいわく「5 TFLOPS以上」。
つまりProject ScorpioのGPUポテンシャルは,少なくともPolarisを下回るものではないということになります。
ちなみに,オリジナルXbox OneのGPUコアが持つ論理演算性能は1.31 TFLOPSなので,それと比べるとざっくり、4.5倍以上の性能を持つ計算です。

4.5倍以上となっ!!
バケモノゲーム機か!w
もう不可能はない!!

搭載するメモリチップの帯域幅が320GB/sに達するとされる点にも注目です。
オリジナルXbox Oneの場合,スクラッチパッドメモリとしてのeSRAMと,メインメモリとしてのDDR3 SDRAMを採用し,後者の帯域幅は約68GB/sだったので,こちらは約4.7倍。

約4.7倍となっ!!

やはり圧倒的にスペックが向上しています。
ちょっと気になるのは,この320GB/sというスペックが,「GeForce GTX 1080」のGDDR5Xと同じということです。
Microsoftはまだ何も述べていないですが,Project ScorpioでMicrosoftはメモリ周りの設計を大幅に変更している可能性もあるでしょう。

搭載するメモリチップは12枚。
Xbox Oneだと4Gbit品により合計容量8GBを実現していたわけですが,Project Scorpioのメモリ構成は気になるところですね。
もしこの12枚がすべて8Gbit品のGDDR5Xという場合,合計メモリ容量は12GBということに!!

こんなモンスター作ったら筐体またバカでかくなるような気がw
冷却ファンで爆音とかはやめてよ。

theme : Xbox One
genre : ゲーム

プロフィール

ジュウザ

管理人:ジュウザ
プレイのメインはスマホゲーになっちゃいました。
サブでXbox One、Wii U。
激サブがXbox 360、3DS。
ドリキャス、PS2は押し入れにw
リンクフリーです!

動画を見るならdTV

スポンサー



ハッピーメールバナー









Xbox One 関係

カテゴリ

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
365位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マイクロソフト(xbox360)
9位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング



X360全般・攻略ブログ

blogramで人気ブログを分析

ブログランキング

【トレミー】人気ブログランキング

ブログ王


Amazon ビデオ

Wii U 関係

PC周辺機器

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR