FC2ブログ
   
06
26
27
28
29
30
   

『SAMURAI SPIRITS(サムライスピリッツ)』、Googleのゲームミングプラットフォーム“STADIA”のローンチタイトルとして配信決定

SNKは、同社の対戦格闘ゲーム『SAMURAI SPIRITS (サムライスピリッツ)』を、Googleの新ゲーミングプラットフォーム“STADIA”のローンチタイトルとして配信することを発表しましたぁ!

「STADIA」はどれだけのタイトルが集まるのかが最大の決め手となるでしょうが、SNKが参戦です!
って昨日書いた記事みたら「今回発表されたStadia対応ソフト」に「サムライスピリッツ」ちゃんと入ってた・・・・ (〃゚д゚〃)
https://www.famitsu.com/news/201906/08177598.html

Googleの新ゲームプラットフォーム“STADIA”、サービス開始は2019年11月で『FF15』などが対応。月額9.99ドルのサービス“Stadia Pro”を発表

Googleのゲームストリーミングプラットフォーム“STADIA(ステイディア)”の最新情報が発表されましたよ!

サービス開始は2019年11月。
欧米を中心とした14ヵ国で始まり、日本は今のところ含まれていません。
2020年以降、ほかの地域でも対応していく予定です。

4K、60fps、HDR、5.1chサラウンドをサポートする“Stadia Pro”コースは月額9.99ドル(約1000円)です。
Stadia Proに加入しなくても、月額課金のない、シンプルに欲しいゲームを購入するだけの“Stadia Base”も用意されます。
ただし、Stadia Baseは2020年から利用可能になる予定で、解像度は最大1080pまでに対応してますが、5.1サラウンドには非対応です。
むむむ、わざわざ家建て替えた時、5ch用にマイルームをカスタマイズしたのにちと残念。

今回発表されたStadia対応ソフトです。
・ドラゴンボール ゼノバース2
・DOOM Eternal
・Darksiders Genesis
・Wolfenstein: Youngblood(ウルフェンシュタイン: ヤングブラッド)
・デスティニー2
・Power Rangers: Battle For The Grid
・サムライスピリッツ
・ザ クルー2
・Football Manager 2020
・トライアルズライジング
・アサシン クリード オデッセイ
・Rage 2
・ゴーストリコン ブレイクポイント
・Thumper
・トゥームレイダー トリロジー
・ボーダーランズ3
・The Elder Scrolls Online
・NBA 2K
・モータルコンバット11
・Just Dance 2020
・Farming Simulator 19
・ディビジョン2
・Get Packed
・メトロ エクソダス
・GRID
・ファイナルファンタジーXV
・バルダーズゲート3
https://www.famitsu.com/news/201906/07177531.html

Googleのゲームストリーミングサービス“ #STADIA ”の新情報を伝える映像が日本時間6月7日午前1時に配信。価格やタイトルなどローンチ情報が公開される模様

Googleのゲームストリーミングサービス・STADIA(ステイディア)のTwitterアカウントで、“StadiaConnect(ステイディア コネクト)”と題した映像配信を2019年6月7日午前1時より行うことをアナウンスしました。

価格、ゲーム、ローンチの詳細を含むニュースが明らかになるようですよ!

果たしてどんなゲームが出てくるのか楽しみですね。
https://www.famitsu.com/news/201906/04177322.html

エレクトロニック・アーツの日本オフィスが閉鎖、日本市場に対しては引き続きサポートを継続することを明言

エレクトロニック・アーツが世界で350人規模のレイオフを2019年3月26日(現地時間)実施しました。
その一環として、日本オフィスの閉鎖を発表しました。

何だってぇ~!

ただし、引き続き日本のマーケットにEAゲーム及びサポートを継続していくと言ってます。
日本オフィス閉鎖で、どう継続していくのかは明らかにされていません。
https://www.famitsu.com/news/201903/27173862.html

グーグルのゲームストリーミングサービス「 #STADIA 」は業界に革命を起こすか

ここのところグーグルの「STADIA」ニュースが多いですねw
この発表のおかげでソニー、任天堂の株は暴落したとのことですよ。
(今、ソニーの株所有してるのに、何してくれてんねん! グーグル!)

STADIAのセールスポイントは利便性です。
大型のゲーム機や高価なPCは必要ないということです!
Googleの「Chrome」ブラウザを使ってウェブを閲覧できるテレビかブラウザ、スマートフォン、ローエンドPCのいずれかと、Wi-Fi経由でSTADIAに接続するGoogleの専用コントローラがあればいいわけですよ。
つーことは誰がMicrosoftの「Xbox One」、ソニーの「PS4」、任天堂の「Switch」やPCに何万円も払うだろうか?ってことになりますよね。

どんなゲームが出るのか? 日本でもスタートするのか? まだまだ情報が少なすぎて何とも言えませんが。
それよりマイクロソフトの同じゲームストリーミングサービスはあまりニュースにならないのはなぜじゃ?w
私はそっちに期待してるんですけど。
https://japan.cnet.com/article/35134504/

任天堂:「スイッチ」新型モデルを今夏に発表へ、2種類

任天堂は早ければ今夏にも家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の新型モデル2種類を発表する、と米ウォールストリートジャーナルが25日に報じました。

事情に詳しい関係者の話として伝えたところ、新型モデル2種類のうち、一つはビデオゲーム愛好家を対象としているとのこと。
ただし、ソニーの「PS4」やマイクロソフトの「Xbox One X」ほど高い機能は搭載されない模様です。

もう一つは、価格を抑えたゲーム好きの一般消費者向けで、携帯型ゲーム機「3DS」の後継を想定していると報じました。

最初のひとつはある程度スペックの高いハードのようですが、そんなにハイスペックではないようなのでやや中途半端感が。
もうひとつの方は安くて今のSwitchと同等なら価値高いですね。
同じゲームがどちらでも動くのか等詳細は分からないので、正式な発表を待つしかないでしょう。
「ベヨネッタ3」用に安い方のハードがちゃんと動くならちょっと欲しいかも。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-03-25/POWSY76KLVRC01

Googleのクラウドゲーム、どんなゲームが出るのか?

Googleのクラウドゲーム「Stadia」。
何といってもどんなゲームが登場するのかが大きなポイントですよね。

気になるのは、イベントではEAとかコナミとかの大手の名前が全然出てこなかったこと。
デモでは、「DOOM」のid Software、「Deadlight」のTequila Works、「PixelJunk」シリーズのQ-Gamesが登壇しました。
「Project Steam」でUbisoftの「アサシンクリードオデッセイ」を使ったころから、Ubisoftのゲームも登場する可能性は高いですね。

そしてより大きな問題は日本で展開されるのか?という点です。
立ち上げ段階では北米と欧州の一部でのみ提供します。
日本にいつ来るかは不明です。
ちなみにGoogleの音楽ストリーミングサービスの場合、米国でのスタートから日本で利用できるようになるまでに約4年かかりました。
気長に待つ必要があるかもしれません。

競合とのユーザーの取り合いも心配です。
MicrosoftもE3でゲームストリーミングサービスxCloudを発表するでしょう。
フィル・スペンサーは、Stadiaなんかたいしたことない、と言っていました。
はてさて、どうなりますことやら。

個人的想像ですが、マイクロソフトのxCloudの方が有利な気がします。
何といってもマイクロソフトのゲームはxCloudでしか遊べないでしょうから。
まだ先の話なので今からどうなるのかは楽しみですね。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1903/24/news017.html

Googleの新サービス「 #STADIA 」はゲーム業界を塗り替えるか

米Googleは3月19日、米カリフォルニア州サンフランシスコで開催中のゲーム開発者向け会議「Game Developers Conference 2019」の基調講演にて、ゲームストリーミングサービス「STADIA」を発表しました。

ゲームストリーミングとは、「クラウドゲーミング」とも呼ばれているサービスですが、Googleは周到な準備を進めた上で、ゲームコンソールを大きく超え、またミドルクラスのゲーミングPC以上の計算能力を持つ仮想ゲームマシンをネット経由で楽しめるようにします。
STADIAでは最大4K/60P(4K解像度、毎秒60フレーム)の解像度でゲームが遊べるのです!

スペックとしてはXbox One Xをも凌ぐもののようです。
クラウドゲーミングですから、ゲーム機を買う必要もない訳です。
それにネットプレイもハードの縛りで、特に日本のXbox Oneみたいに「繋いでも誰もいない!」なんて事はありません。
利点はかなり多いのがクラウドゲーミングですね。
まさかのGoogleがゲーム業界に殴り込んでくるとは驚きです。
ワールドワイドではソニーがゲーム業界のトップにいる状態ですが、果たしてどうなるのか?

マイクロソフトはゲームストリーミングサービス「Project xCloud」のトライアルを年内に開始すると発表済みですから、マイクロソフトは独自でクラウドゲーミングサービスを開始します。
さてさて、今年年末くらいには大きくゲーム業界が変わってる可能性がありそうですね。
ゲーマーにっとてゲーム機がいらないというのはすごい不思議な感じですけど、これからはそれが当たり前になるのでしょうかね。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00000086-zdn_pc-prod

『CoD』シリーズを手がけるInfinity Wardは、すでに「次世代コンソール向け新作」を開発中

『Call of Duty』シリーズの開発元として知られるInfinity Wardが、未発表の次世代タイトルの開発に取り組んでいることが明らかになりました。
複数の次世代プラットフォームが対象のようです。

時代の流れは速いですね。
どんなハードが出てくるのか楽しみです。
https://jp.automaton.am/articles/newsjp/20181009-77606/

theme : ゲーム
genre : ゲーム

ヒットが出ない!「スマホゲーム」業界の憂鬱

スマホゲームはガンホーの『パズル&ドラゴンズ』やミクシィの『モンスターストライク』が一世風靡しましたね。
しかしどんなゲームも飽きるもの。
特にスマホゲームはクリアーという概念がないので、ずっと遊べますが、必ず飽きが来ます。

私の遊んでるスマホゲームです。
モンスト:とりあえず普通に遊んでるけど正直同じようなイベントやら、時間的に鬼畜なコラボイベント等で既に飽きが。

パズドラ:ログインしてログイン特典のみゲット。たまにダンジョンクリアー。

DQMSL:モンスターパワーアップしたりいろいろ時間使ってましたが、とうとう育てても特に使わなかったりで飽きが。

ジョジョSS:既に数ヶ月起動すらしてない。

こんな感じでスマホゲームは飽きてきました。
モンストがコラボとか運極(同じキャラを99体集めるという鬼畜作業)作るのをついついやってしまうので、一番生活の時間喰ってます。
やめたいけどなぜかやめられない。

一時はスマホゲームで収益を上げていたメーカーが多かったですが、下記の資料通りスマホゲーム頼りだと主要企業の7割は減益・赤字になってるという事実です。
コンシューマ機がこれからは飛躍する?
https://toyokeizai.net/articles/-/240051

名称未設定

theme : スマートフォンゲーム
genre : ゲーム

プロフィール

ジュウザ

管理人:ジュウザ
家庭用ゲーム機をたくさんの人に遊んでもらうため応援するブログです。
ニュース、プレイレビューがメインです。
所有ハード:Xbox One, PS4, Xbox 360, Wii U, 3DS, ドリキャス, PS2
映画・ドラマのレビューもあります。
リンクフリーです!

動画を見るならdTV Hulu

スポンサー









Xbox One 関係





PS4 関係





カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
237位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マイクロソフト(xbox360)
6位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

PC周辺機器

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR